久々にあった友人は彼女の体型は変わっていないのに、おばちゃん体型になっていた

大学生時代の友達に久々に会いました。

30代になって駅の鏡で二人の姿が見えたときに、彼女の体型は変わっていないのに、自分はでっぷりして、おばちゃん体型になったと感じました。

元から小食な友人でしたが、彼女を見習って自分も食生活を考え直そうと思ったのがきっかけです。

1カ月で2キロは落としたいと思いました。

本当は5キロくらい痩せたかったですが、あまり無理に食事を減らしたりしてダイエットすると、リバウンドするのも早いと聞いたので、2週間で1キロくらいなら痩せられるかと思いました。

元々料理することは好きでしたが、食べること、特に甘いものはなくてはならない感じでした。

ケーキやクッキーを自分で作って食べるのは良いのですが、その材料を見直そうと思いました。

お豆腐ダイエット、という特集を雑誌で見た時、豆腐は大好きだし身体に良いし、デザート代わりにできるなら、と思ったのがきっかけです。

ティラミスが大好きなのですが、クリームチーズで作っていたのを、レシピを探して豆腐に置き換えてみました。

豆腐を水切りすると、一晩ほどで触感がチーズのようになります。

そこに砂糖を足すのではなくハチミツにすることでカロリーを減らし、濃厚なチーズを再現するように工夫しました。

小麦粉やチーズを豆腐にしてみてデザートを作るというダイエット方法ですが、途中で豆腐ばかりで飽きてしまいました。

おからクッキーや豆腐ドーナツなども試しましたが、時々別の材料でデザートを作るなどしていれば、飽きがこずもっと豆腐スイーツを楽しんで続けられたと思います。

デザートの材料に豆腐を使うことで、体重は少し減りました。

普段お店で買ってくるスイーツも、「自宅で豆腐で再現できるかも」と考えるようになり、甘いものにかけるコストも減りました。

自分で作ることで台所に立ち活動量も増えたのも、体重が減った理由かもしれません。

豆腐は女性ホルモンの代わりをする栄養素が含まれていたりして、たくさん食べても罪悪感が出にくい食材です。

豆腐スイーツのレシピを調べて、想像以上に美味しくできた時の感動で継続できると思います。

時には料理を休んで、お豆腐を使ったバイキングに行ってみるなどしてみても、「こんなレシピがあるんだ」と刺激と息抜きになって、ダイエットレシピを作るのが楽しくなると思います。

https://www.dreamsrdifferent.com