プランクでぽっこりお腹から腹筋の割れたスポーツマン体型に

年齢を重ねる毎に、身体には様々な変化が起こります。

私の場合も、30歳を過ぎたあたりから、見た目には分からないくらいですがお腹が出てきて、内心ショックでした。
しかし、筋トレのプランクをするようになってから、お腹の贅肉が減少。引き締まったお腹に戻る事ができました。
それまでは、腹筋や足上げ腹筋などでお腹周りを鍛えていたのですが、贅肉が落ちるような際だった効果は得られませんでした。
プランクは、腕立て伏せの腕を上げた時の姿勢のまま、肘をつき、その状態を維持する筋トレです。
一見すると、そこまでつらそうには見えないのですが、1分、2分と続けていると、筋肉に負荷がかかり、結構な運動になります。
プランクをするようになってから、みるみるうちにお腹の贅肉が減り、一週間もすれば、贅肉の落ちた割れた腹筋になることができました。
私は、運動に関しては素人なので、腹筋運動とプランクでなぜこのような違いが出てくるのか、分からないのですが、腹筋では効果がなかったダイエットも、プランクを行う事で、成功することができました。
腹筋運動をしても、お腹周りの贅肉がなかなか落ちないという人は、プランクを試してみることをおすすめします。”